上司はキャバクラに一緒にいけば可愛がってくれるものです

知ってほしい!キャバクラで遊ぶ事

ボーナスが出たぞ!!上司の行きつけのキャバクラで乾杯

年に二回のボーナスは、できれば有効に使いたいですよね。そんな時におすすめなのが、上司の方とキャバクラに、しかも上司の行きつけのキャバクラに行くのはいかがでしょうか。

せっかくのボーナスと大事なプライベートな時間を会社の人間に費やすなんで勿体ないと思われるかも知れませんが、この先、会社で生き抜くためにとっても重要な事なのかも知れませんよ。

会社に入ると最初に覚えなければいけないのが、先輩との関係性だと思います。仕事を覚えるのが大事というのは当たり前ですが、最近は特に上司と仲良くしようという方が意外に少ないのがゆとり世代です。

仕事とプライベートを分けるのは大事ですが、仕事を円滑にすすめるためには、プライベートな時間を共有するのはとても重要な事です。飲みニケーションとも言われるように、会社で話すようになっても、プライベートで飲みに行く事とは根本的に違ってきます。

面倒などと思わずに、是非プライベートの時間を共有するようにする事をおすすめします。上司の方もお小遣い制の方も多い為、あまり頻繁には飲みに行けない方もいらっしゃいます。その為、年二回あるボーナスの時期に合わせて出かけるのがおすすめです。そこでおすすめなのが、上司の方が良く行っているキャバクラなどはいかがでしょうか。

接待ではありませんが、上司の方も部下を連れていく事で、行きつけの店のキャバクラ嬢に良い顔をする事ができますし、特にキャバクラなどあまり行った事のない部下に遊びを教えている方は上機嫌間違いなしです。お酒の席ですから、ある程度の無礼講は大丈夫ですが、許されるのはしゃべり方くらいです。

普段よりフランクにしゃべりながらも、上司を褒める事を忘れてはいけませんキャバ嬢は、普段の上司の仕事っぷりを知らないわけですから、仕事では頼りになる。会社で一番仕事ができる。後輩からの人望も厚いなど持ち上げておけば問題ありません。注意して欲しいのが、持ち上げる相手の中には、キャバクラ嬢も含まれる事です。

せっかくキャバクラに来ているのですから、本当に楽しんでいる所をアピールする必要があります。キャバ嬢に綺麗ですねとか、色気が凄いとか、お酒がおいしいなど絶賛しておくと、紹介している方も悪い気はしません。プライベートの時間を共有する事はとても重要になります。厳しいですが、仕事が出来なくても世渡り上手の方は出世が早い会社もあります。プライベートも会社の人と楽しめないような会社では、出世は見込めないかも知れません。一度参加してみると意外と楽しめる物ですのでおすすめです。